読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たましいの帰省先

日々について

前髪を切りたい

金木犀の花も落ちてすっかり秋みたいな空気になった。一年の中でも一番忙しい季節が秋です。

歩いていて、ふと気がついてしまって、どうやって今まで歩いていたのかわからなくなってしまうことがある。何もかもが違和感に包まれて、「そうじゃない」ことだけが分かる。ゲシュタルト崩壊みたいな。バカみたいだけど、生活すべてにそんな感じがしている。息をしてご飯を食べて寝ていれば普通に日々は過ぎていくし、表面上何一つ変わることなんてない。だけど完全に違う。

変化は大切ですね。一秒たりとも同じ自分はいないし、もちろんあなたも世界もそうですね。早く変わりたい。早くどこかへ行ってしまいたい。足元が見えていないとかそういうのはいいです、そんなの知らない。せめて変わっていく速さが同じならいいのにと思います。

最近花を買ってないことが気にかかる。私が私のために選ぶものが少なすぎる。ゲシュタルトって名前のタルトがあったらいいと思います。秋は夕暮れが一等うつくしいですね。風邪を引かないように気を付けてね。